​塗り絵TOP  > 塗り絵の上手な描き方

塗り絵の上手な描き方

色鉛筆の塗り絵

1.縁取り

色鉛筆で輪郭の縁どりを取る事で塗りやすくなるよう描いていきます。

縁取りすることではみ出しを防ぐことで見た目がキレイに仕上がります。

次に内部を塗りつぶしていきます。

その際、色鉛筆をねかせながら同じ方向に塗ることがポイントです。

2.明るい色・薄い色から濃く

色を重ねる順番は薄い色や明るい色から軽く塗り、塗り進めるうちに少しずつ強く・濃く塗るのが基本です。

濃い色や暗い色を塗った上からでは薄い色や明るい色が出にくいので注意しましょう。

下絵の白を残しながら塗ると仕上がりの色味が豊かになります。

3.色鉛筆の重ね塗り

重ね塗りをすることでカラフルで深みのある塗り絵に仕上がります。

同系色の色を丁寧に重ねて塗ることで重厚な風合いが生まれます。

また筆圧に強弱をつけることで色彩豊かな遠近感のある塗り絵を描くことができます。